【ストレス解消に!】リラックス効果の高いおすすめアロマ5選

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。みなさん、アロマをたいてますかー?そもそもアロマとは、植物や花などの「香り」のことです。

アロマの種類によっては、リラックス効果があります。気分が落ち込んだ時や疲労を感じる時にアロマが効果的。寝る前にアロマでリラックスするのがおすすめです。(【良質な睡眠のために】寝る前の行動5選

花や植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を活用して、リラックスできます。今回はリラックス効果のあるアロマ5選を紹介します。

僕自身、毎日アロマを使っています。ぜひ自分に合ったアロマを見つけてくださいね。

ラベンダー

ラベンダーのリラックス効果はさまざまな研究で明らかになっています。中でも安眠作用が高いと言われています。

2015年に発表された12件の試験データの調査によると、「アロマで睡眠の質が上がる」ことがわかりました。同調査によると、特にラベンダーがおすすめとのこと。

ラベンダーのアロマは睡眠に関する研究でよく使用されており、その効果は実証済み。僕自身、毎晩ラベンダーのアロマをたいています。

オレンジスイート

オレンジスイートは、オレンジを濃縮したような甘い香りが特徴のアロマです。主な成分である「リモネン」には、緊張の緩和わ抗菌作用があります。

親しみのある香りは、老若男女に人気でアロマ初心者におすすめ。ただし、品質にバラツキがあるので注意してください。

オレンジ果皮を使ったものは安価ですが、ジュースなどで使った絞りカスを「再利用」する業者もいるそう。

ベルガモット

ベルガモットは、抗うつ作用をはじめ、食欲増進、腹痛、消化不良などの効能があるアロマです。紅茶にちかい落ち着いた香りとなっています。

ベルガモットのアロマには「フクロマリン」という光毒成分が含まれているため、原液を肌につけると、シミや炎症を引き起こします。肌につける場合は、「フクロマリンフリー」のベルガモットを選んでください。

サンダルウッド

サンダルウッドは、日本で「白檀」と呼ばれ、古くから親しまれてきたアロマです。鎮静作用、抗うつ作用、抗菌作用、むくみ緩和などの効能があるとされています。

寺院でたくお香にも使用されているため、馴染みのある香りでしょう。サンダルウッドのアロマをたき、瞑想に励む寺院もあります。瞑想や忙しい合間の休憩時におすすめのアロマです。

瞑想のメリットについては、別記事にて→(【科学的根拠あり】瞑想のメリット5選

ネロリ

ネロリは、ビターオレンジの花を水蒸気蒸留して抽出したアロマです。アロマの中でも希少価値が高く、1kgあたりの花から1g程度しか取れないといわれています。

ネロリの効能は、鎮静作用、抗うつ、安眠、食毒など。保湿性が高いため、乾燥肌に悩む人におすすめです。

アロマでリラックスしよう

今回は、リラックス効果のあるアロマ5選を紹介しました。個人的には、ラベンダーがおすすめです↓ というのも、ラベンダーのアロマを取り扱う研究が多く、科学的根拠が豊富だからです。

ただし、リラックス効果があるとはいえ、アロマとの相性は人それぞれ。自分が心地よいと思ったアロマを選び、リラックスしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。