【生産性が上がる】集中力・効率を最大化するシングルタスク入門

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

前回の記事では、マルチタスクの恐ろしさについて紹介しました。(【いますぐやめよう】マルチタスクは非効率!デメリット5選

マルチタスクは非効率でストレスの原因にもなります。マルチタスクの弊害は様々な研究で明らかになっています。

マルチタスクをいますぐにやめ、「シングルタスク」をしましょう。シングルタスクでタスクをこなすことで、集中力・効率を最大化できます。

様々な書籍や研究を元に、シングルタスク入門として重要ポイントをいくつか紹介します。

やるべきことを決める

やみくもに行動してはマルチタスクになってしまいがち。まずはやるべきことを3つに絞り、順番にこなしましょう。

選択肢が多すぎると、人は行動できないことがわかっています。選択肢を絞り、行動するのみ!

選択肢の絞り方については、別記事で詳しく紹介しています。(【選択疲れをさける】選択肢を減らして集中力を高める方法5選

スマホ・パソコンの電源を切る

スマホやパソコンの通知は、集中力を削ぎ落とします。できるだけ、デジタルデバイスを遠ざけてください。

とはいえ、僕も含め仕事でスマホやパソコンを使う人が大半でしょう。僕の場合、SNSの通知オフなどの設定をしています。(【スマホ依存をやめたい方】スマホ依存から抜け出す方法5選

時間を区切る

コロンビア大学の研究によると、時間を区切って仕事することでタスク達成率が約20%高まることがわかっています。

時間制限を設けて、シングルタスクに取り組みましょう。有名な時間制限術に「ポモドーロ・テクニック」があります。やり方は、シンプル。「タスクを25分間やり、その後5分休む」だけです。

タイマーで時間制限を設定しましょう。ただし、人によって集中できる時間は異なります。自分なりに1回あたりに集中できる時間を模索してみてください。まずはポモドーロ・テクニックを試すのが無難でしょう。

瞑想

瞑想はいわば、目の前のことに集中するトレーニングです。瞑想の習慣を取り入れると、よりシングルタスクに集中できるようになるでしょう。

僕自身、毎日10分〜20分程度の瞑想をしています。瞑想の効果は科学で実証済み。(【科学的根拠アリ】瞑想のメリット5選)日々の瞑想で集中力が上がった気がします!

シングルタスクで効率最大化!

いままで行っていたマルチタスクをやめて、シングルタスクに切り替えましょう。シングルタスクで効率を最大化!

シングルタスクのおすすめ本はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。