【誰でも稼げる時代】お金のために就職する時代は終わった

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。現在はインドネシアのBSDに滞在中〜。

ヤフーニュースでブログで月10万円以上稼ぐ中学生が取り上げられていました。他にも月収100万以上稼ぐ強者が!


もはや中学生でも会社員レベル、むしろそれ以上に稼げる時代になっています。稼ぐことが全てではありませんが、「お金」のために就職する時代はもう終わったといって良いでしょう。

僕自身、会社で働くことがイヤだったのでフリーランスという道を選びました。朝早く起きるのはめんどくさいですし、スーツを着るのもイヤだったから。

そこで自分のできる範囲内で稼げる手段として選んだのが「Webライティング」です。
(Webライティングに関する過去記事はこちら↓)
【Webライターを目指す方へ】webライティングおすすめ本3選
【元野球部が語る】Webライティングは野球よりもイージーな3つの理由

僕はあまり働きたくないので1日の大半を映画鑑賞や読書、友達との電話にあてていますが、資金がつきそうになっても稼げる自信があります。

「だって稼ぎ方がわかるから。」これは僕に限った話ではありません。インターネットにアクセスできる全ての人が当てはまります。

ネット上で検索したらお金の稼ぎ方は出できます。後は自分に合った稼ぎ方を見つけて実践するのみ。

冒頭にもありましたが、僕の高校生の妹は1日1時間の労働時間で新卒写真の月収程度は稼いでいます。(エロ系ではない!笑)

ノウハウは世の中に溢れているんです。お金の稼ぎ方だけではありません。ダイエットだって禁煙だってそう。

でも、不思議なことにほとんどの人が行動にうつさない…。これでは意味がありません。

結局は、行動あるのみ!(自戒)

よくある自己啓発書みたいな結論になってしまいました…笑

当ブログでは僕の月収を公開することもありませんし、稼ぐノウハウなどは一切書きません。ただ、最近の働き方やトレンドについて定期的にふれていこうと思っています。

行動にうつしていきましょ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。