【元野球部が語る】Webライティングは野球よりもイージーな3つの理由。

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

明後日には大学を卒業し、今後はWebライターとして生活していきます。
すでにいくつかお仕事をいただき始めてから数ヶ月経っているので、「Webライター」と言えるでしょう。(てか、Webライターだと自分で思った瞬間からWebライターなのであーる。)

Webライターになると決めてから日が浅いですが、Webライターとしてここ数ヶ月活動してみたところ「野球よりイージじゃね。」と感じてます。

なんで急に「野球と比べるん?アホちゃうん?」と気が強めの関西人がディスってきそうですが、
僕は小学3年から高校3年生までひたすら野球をやって来ました。

ずっと野球をやってきた人間なので、何かと野球と比べたり、野球に例えたりしてしまうのはしょうがないんです。(しょうがなくねぇよ!)

「Webライティングは野球よりもイージーな3つの理由」‥世にも奇妙な文章ですよね。
Webライティングと野球ってそもそも比べられないし、何をもってイージーなのか基準が曖昧だしね。

てな訳で(話の展開急すぎっ)、駆け出しWebライターのちゃいよーが、「Webライターは野球よりもイージーな3つの理由」をみなさんに共有しちゃいます。

書いた分だけ報酬が得られる

Webライターの主な報酬システムとして「文字単価」があります。文字単価とは、読んで字のごとく、1文字あたりの単価です。
例えば、文字単価1円の案件で1万字書けば、1万円報酬をいただくことができます。(実際はここまで単純ではないけどね。)

案件を受注できれば、あとは書けば書くほどある程度稼ぐことができるのです。

ところが野球はどうでしょう?
1日1,000回素振りをしたら、次の試合で確実にヒット打てますか?打率3割超えますか?

そんなことありませんよね。
野球は、不確実性の塊。(だからこそ面白いスポーツなんだよなぁ)

Webライティングの方がイージっしょ。

場所を選ばない

Webライティングは、パソコンとWi-Fi環境さえあれば、どこでもできます。
カフェでも、学校でも、公園でもできちゃいます。

海外で旅しながらでも、できますよ。
現在は実家のある札幌を拠点に活動していますが、9月からは東南アジアを拠点にライター活動をする予定です。(ちょうど昨日タイ行きの航空券とった!)

ところがどっこい、野球は場所を選びますよね。
野球はグラウンドや公園でしかできません。(もしくはあなたの夢の中とかね…)

やっぱWebライティングの方がイージーだよな。

努力が可視化されている

Webライティングは、書けば書いた分だけ、インターネット上に残ります。(プラスであなたの脳内にね)
今まで書いてきた文章がインターネットのどこかしらに残っているのです。

過去に書いた記事=過去の努力 

〇〇日連続でブログを更新してる、とか過去に〇〇万字数書いたとか、努力が可視化されていることで、「自分は今までこれだけの文章を書いてきたのか!」と自信に繋がります。

また、努力が可視化されていることで、過去記事を振り返って、どこがダメだったのかなど反省することができます。
過去の努力を正しい方向に修正しやすいです。

その一方、野球はどうでしょう?
努力を可視化しようと思えば、いちいちアプリに入力したり、メモするなどして記録する必要があります。
ほとんどの人が可視化できていないでしょう。(僕自身も可視化していたのはほんの一部)

野球がうまくなるにはさまざまな要素が含まれています。努力の方向も実に複雑です。
筋トレ、ランニング、素振り、メンタルトレーニングなど、いろんな方向から努力する必要があります。

しかも、その努力が正しいとは限りません。いくら努力を重ねても、「正しい努力」でなければ結果は身につきません。(現役時代、野球における自分の正しい努力はわからなかった…)

努力に関しては、僕が敬愛する現役メジャーリーガーのダルビッシュ有さんがこんなツイートをしていました。

練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ。-ダルビッシュ有
出展:ダルビッシュ有公式ツイッター

その点、Webライティングは野球と違って努力が可視化されている点、正しい努力にもっていきやすいです。

やっぱWebライティングの方がイージーっしょ。

ツッコマレテナンボ

ここまで読んできてどう思いましたか?
結局、何をもってイージーなのかよくわかりませんでしたか?

うん、僕も書いててよくわからなかったです。
この文章ツッコミどころ満載です。
ツッコマレテナンボの文章なんです。

どこがツッコミどころなのか。
いくつツッコミどころがあるか、考えてみてください。

こうやって書くと、実は深いこと仕掛けがあるような文章っぽいけど。
ノリで書いてみたくだらな〜い文章。

 

最後にこれだけは伝えたいことがある…

 

 

 

ここまで読んでくれてありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。ライター業を営みながら、海外を転々としている、ノマドワーカーってやつ。いまはインドネシア(5ヶ国目) に滞在中〜。趣味は、旅・読書・語学・映画鑑賞・筋トレ・心理学などなど。