【日本のフリーランスの実態】フリーランスに関する5つの統計

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

現在、僕は新卒フリーランスのWebライターとして日々働いています。

「会社員はオワコンww 時代はフリーランス!」や「フリーランス人口が急増中!」なんて記事を目にする機会も増えてきたでしょう。

僕自身、フリーランス最高!いぇーい!というノリで日々活動中です。笑

とはいえ、実際にフリーランスの現状はどうなの?と気になる方も多いでしょう。そこで、今回は日本国内におけるフリーランスに関する5つの統計を引き合いに、フリーランスの現状について紹介します。

それじゃ、さっそくいっちゃいよ〜。

出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書 2019」

フリーランスの人数

出典:【ランサーズ】フリーランス実態調査2019年版

大手クラウドソーシングサイトを運営しているランサーズ社による【ランサーズ】フリーランス実態調査2019年版によると、広義における日本のフリーランスは、1,087万人となっています。

なお、広義におけるフリーランスとは、専業フリーランスに加え、副業系フリーランスやひとりで企業経営している個人事業主・法人経営者も含みます。

2014年の913万人から4年間で+22.6%の伸び率です。なお、アメリカは2015年から2019年の過去4年間で5,300万人から2019年5,670万人で伸び率は+8.1%

つまり、過去4年間で日本はアメリカの約3倍もの比率でフリーランスが急増しているんです!

フリーランスの収入

出典:【ランサーズ】フリーランス実態調査2019年版

当然ですが、副業と専業によって大きく異なります。表から読み取れるように、専業フリーランスで年収400万円以上超えは極わずかです。

副業に至っては年収10万にも満たない人が半数以上とは驚きですね。ただ、あくまで平均。

個人的見解ですが、フリーランスは二極化しているかと。年収1000万稼いでいるフリーランスエンジニアはザラにいますよ。

 フリーランスの働き方の満足度

出典:【ランサーズ】フリーランス実態調査2019年版

フリーランスの働き方に対する満足度はノンフリーランスよりも自由・裁量権・満足度が高くなっています。

当然の結果でしょう。僕自身、就職経験はありませんが、バイトやインターンをしていた時よりもいまの働き方に満足です。

フリーランスの障壁

出典:【ランサーズ】フリーランス実態調査2019年版

フリーランスの障壁として最も多い回答が「収入がなかなか安定しない」という結果に。自分次第でいくらでも稼げる一方で、稼げない時があるのも事実です。

とはいえ、稼ぐ手段が多様化する昨今において、収入を安定させる方法はたくさんあります。やり方次第で、会社員以上に収入を安定させることだって可能かと。

僕自身、現在は主な収入源はWebライティングのみですが、今後数年間で複数の収入源を確率させる予定〜。

フリーランスの仕事の経路

出典:【ランサーズ】フリーランス実態調査2019年版

フリーランスの半数以上は人脈で仕事を取っているようです。僕の場合は、就職経験ゼロで人脈がないため、主にクラウドソーシング経由で仕事をいただいています。

最近では、クラウドソーシングやシェアリングサービスが増加し、仕事の経路の幅が広がりつつありますよ。

フリーランスの実態、結局よくわからん

フリーランスの統計を5つ紹介しましたが、どう思いました?僕は「結局、よくわからん」って感じです。

「フリーランス」とひと括りにしたところで、労働時間や単価、業界・業種によってバラツキがありますし…。

ただ言えることは、「フリーランスは今後も増えるし、会社員よりも自由で満足度の高い働き方!」ですね。

会社勤めで現状の働き方に不満のある方はフリーランスという選択肢を検討してみては!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。