コワーキングスペースとは?利用者がメリット・デメリットを紹介

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよー(@Ryohei_Chaiyo)です。

僕は、基本的にカフェやコワーキングスペースで仕事をしています。

これまでにマレーシアやタイ、インドネシア、札幌などのコワーキングスペースを利用してきました。

そもそも、コワーキングスペースとは、その名の通り共同で仕事する場所です。

アメリカのサンフランシスコで誕生し、現在は日本国内に300以上のコワーキングスペースがあります。

働き方の多様化が加速し、世界的にコワーキングスペースが増加中。コワーキングスペースは、従来の特定のオフィス常駐とは異なる様々なメリットがあります。

それでは、コワーキングスペースを普段から利用しているちゃいよーが、メリットを紹介しますね!

集中できる

コワーキングスペースは、仕事に集中できる環境が整っています。カフェや自宅で集中できない人におすすめ。

個室や立って作業できるコワーキングスペースもあります。

モチベーションがあがる

コワーキングスペースには、様々な業界・業種の人々が仕事をしています。

周りが仕事をしている姿に刺激を受け、モチベーションアップに繋がることも。

僕自身、パソコン1台で完結する仕事をしているため、コワーキングスペースで勝手に周りから刺激をもらいながらモチベーションを維持しています。

余談ですが、マレーシアのコワーキングスペースに訪れた際、受付のおねぇさんが美人でモチベーション上がりました。笑

交流できる

コワーキングスペースによっては、イベントなどを通じて他の利用者と交流ができます。場合によっては新たな仕事に繋がることもあるでしょう。

低コストでオフィスがもてる

専用のオフィスをもつには、数十万円はかかるでしょう。一方で大半のコワーキングスペースは 月額1万円程度から利用できます。

タイ・バンコクのとあるコワーキングスペースは、年間4000円ちょっとで通い放題。安すぎる!(【バンコク格安コワーキングスペース】「AIS.DC」に行ってきた

専用のオフィスを構えるのと比べると、コワーキングスペースは低コストです。

一方でコワーキングスペースには、デメリットもあります。それでは、コワーキングスペースのデメリットを紹介します。

周りがうるさい

コワーキングスペースによっては、周囲がにぎやかで仕事に集中できないこともあります。

周りの会話で集中できない人は、おしゃべり禁止のコワーキングスペースを選びましょう。

作業スペースを確保できない

人気のコワーキングスペースは、作業スペースを確保できない場合もあります。

僕自身、午後になってからバンコクの人気コワーキングスペースに訪れた際、すでに満席で仕事ができませんでした。

自分に合ったコワーキングスペース活用を

コワーキングスペースでは、仕事をする環境がそろっています。ひとりでの作業や会議、様々な場面で活用可能です。

おしゃれなものからシンプルなもの、多機能なものまで全国各地に様々なコワーキングスペースがあります。

コワーキングスペースでのメリット・デメリットを把握し、自分の仕事スタイルに合わせて活用してみましょう、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。ライター業を営みながら、海外を転々としている、ノマドワーカーってやつ。いまはインドネシア(5ヶ国目) に滞在中〜。趣味は、旅・読書・語学・映画鑑賞・筋トレ・心理学などなど。