これから伸びる業界・市場7選

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよー(@Ryohei_Chaiyo)です。いまはインドネシアのBSDに滞在中〜。

テクノロジーの急速な発展に伴い、社会も大きな変貌を遂げています。

スマホで友人や仕事仲間と連絡し、空き時間はユーチューブやネットフリックスのコンテンツを楽しむ…。

10年前、誰がこんな未来を予想したでしょうか?今後は、社会の変化するスピードはさらに加速するでしょう。

とはいえ、未来を全く予想できない訳ではありません。データからある程度の未来を予想できます。

今回は、これから伸びる業界・市場7選を紹介します!それじゃあ、さっそくいっちゃいよー。

インバウンド

インバウンドとは、海外から日本に訪れる観光客向けの市場のことです。ホテルなどの宿泊施設やお土産屋、観光客向けサービスなど外国人観光客向け商品・サービスの全てがインバウンド市場に含まれます。

日本に訪れる外国人観光客数は、2013年に初めて1000万人を突破し、2019年には3000万人を突破。

ビザの緩和やLCC便の増加、周辺国の経済成長などに伴い、今後も外国人観光客の増加が予想されています。

僕自身、学生時代に別府市で民泊を運営していまたが、毎月20日以上は予約でいっぱいでした。

大麻

いま世界的に大麻がキテます。皆さんは、大麻と聞くと「なんか危ない麻薬」なイメージがある方も多いでしょう。

もちろんタバコのような嗜好品としての側面もありますが、医療用や産業用にも活用されています。

調査会社Genesis Market Insightsのデータによると、2018年から2023年にかけて589億ドル(約6兆6000億円)まで伸びると見込まれています。

6兆円というと、日本の公共投資レベルの額!各国で大麻に関する研究や合法化の流れが加速しており、今後伸びる市場です。

大麻に関しては他の記事でも書いていますよ
【世界的に大麻合法化の流れ】大麻とは?
【ニューヨーク】大麻入りクッキー食べてみた。

音声コンテンツ

Youtubeやネットフリックスなどの「動画コンテンツ時代」が到来しています。その水面下で音楽やラジオなどを含む音声コンテンツ市場が伸びているのは知っていますか?

100以上の言語で利用できる世界最大級の音声プラットフォーム「Podcast」の広告収入は2015年から2018年にかけて毎年65%増の急成長中。

アメリカや中国を中心に、音声コンテンツ事業を行うベンチャー企業が続々と立ち上がっています。

日本にはまだいませんが、ユーチューブの広告収入で生計を立てるユーチューバーのように、海外には「人気ポッドキャスター」もいます。

ブログだけにとどまらず、ちゃいよーも音声コンテンツ市場に参入しますよ!

3Dプリント

3Dプリントもアツいです!いまや3Dプリンターで家までつくれる時代。アメリカでは3Dプリントで銃をつくった人がいて、波紋を呼びました。

調査会社のIDCによると、世界の3Dプリント市場は2022年までに230億ドル(約2兆5300億円)に達すると予想されています。

製造業を中心に3Dプリント技術が社会に広まっていくでしょう。ちなみに、ネットフリックスの3Dプリント業界を取り巻く企業家たちを撮ったドキュメンタリー映画「プリント・ザ・レジェンド」がおすすめです。

ワクワクしますね!

コーチング

コーチングとは、目標達成のためのサポートなります。

一方的に知識を教える「ティーチング」とは異なり、科学的な手法で本人のやりたいことや目標達成までのステップを引き出す営みです。

例えば、CMでおなじみのライザップではコーチングを取り入れ、個人に合わせたトレーニングメニューやメンタルマネジメントをしています。

日本では馴染みがありませんが、アメリカでは経営者や政治家、スポーツ選手がコーチングを受けるのが一般的です。

英Technavioのアナリストは、スポーツコーチング市場は2018年から2023年までに年6%のペースで成長するとう予想しています。

社会が複雑化し、自分を見失う人が増えている中、科学的な手法で目標へ導くコーチングの需要は高まっていくでしょう。

フィットネス

「最近、近所にジムが増えたな〜」と感じませんか?ジムを中心に、フィットネス市場が拡大しています。

日本国内のフィットネスジムの店舗数は2010年約3600店舗だったのが2016年には約5000店舗と拡大。市場規模も拡大傾向にあります。

健康は人類にとって永遠のテーマ。人々の健康を支えるフィットネスは根強い需要があります。

最近だと、フィットネス系のユーチューバーも増えている印象を受けます。高齢化によってフィットネスの重要度が増していることも市場拡大の要因です。

クルーズ

豪華客船に乗り、船内パーティーや豪華料理を堪能できるのがクルーズ。クルーズは堅調に伸びている市場です。

国際クルーズ協会(CLIA)の推計によると、2017年に約2670万人だった世界のクルーズ人口が2019年には3000万人を突破すると見込まれています。

僕も大学時代にクルーズに乗りましたが、クルーズにはクルーズ船でしか味わえない「豪華な体験」が詰まっていますよ。

数十万円するイメージがあるかもしれませんが、安いものだと数万円代からクルーズに乗れますよ!

クルーズ船で働いた経験のある僕の大学の先輩がクルーズ船に関するブログを書いているのでぜひチェックしてみてください〜↓
Cruise Life Information(元海外クルーズクルーが知られざるクルーズの暮らしや仕事、就職の仕方について情報発信!)

伸びる市場で時代の波にのろう!

せっかくビジネスをするなら、伸びる市場に参入したいですよね?時代の波には逆らえません。

僕自身、会社に所属せずにフリーランスの道を選んだのも、広くみるとフリーランス市場が伸びているからです。

海外を転々としながら仕事をしているのも同様。時代の波に逆らったところでお金や時間を浪費します。

伸びる市場・業界で時代の波に乗って、人生楽しみましょ!目指せ時代サーファ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。ライター業を営みながら、海外を転々としている、ノマドワーカーってやつ。いまはインドネシア(5ヶ国目) に滞在中〜。趣味は、旅・読書・語学・映画鑑賞・筋トレ・心理学などなど。