【世界的に大麻合法化の流れ】大麻とは?

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

みなさん、大麻についてどんなイメージがあるでしょうか?「よくわからないけど、危ないもの…」

そんな印象をもっている方が多いと思います。けど、実際はそうじゃありません。まずは、大麻についての基礎知識を知ることが大切です。

世界を見渡すと、大麻と健康に関する研究や大麻合法化の流れが顕著になっています。世界的な「大麻ブーム」といって良いでしょう。

そこで今回は、大麻に関する基本的な情報をまとめました。まずは大麻の基礎知識をおさえましょう!

大麻とは何か?

大麻は、植物の一種です。日本中に野生の大麻が生えていると言われています。

大麻には、100種類以上の「カンナビノイド」と呼ばれる化学物質が含まれており、代表的なものが「THC」と「CBD」です。

THCは、テトラヒドロカンナビノールの略称で、いわゆる気分が「ハイ」になる効果があります。危険な大麻のイメージは、主にTHCの成分によるものです。

一方、CBDはカンナビジオールの略称で気分を落ち着かせる効果があります。THCのような興奮作用は一切ありません。

そもそも人間にはECS(エンド・カンナビノイドシステム)という身体調節機能が備わっており、気分改善や神経保護などを行っています。

このECSに大麻のTHCやCBDなどの成分が働きかけるようにして、気分が落ち着いたり、高揚したりするメカニズムとなります。

大麻の用途

大麻の用途は主に産業用・嗜好用・医療用の3種類。麻は、種子から茎・葉っぱ、花まで使えるコスパの良い植物なんです。

産業用大麻は、主に紙や衣服などに使用される大麻を指します。日本人も古くから麻の服を着ていた歴史がありますよね。

嗜好品大麻は、先ほど紹介したハイになる成分「THC」を含んだ大麻を吸ったり、クッキーの中に入れたりして楽しむための大麻です。日本でダメではNGのやつ!

医療用大麻は、鎮痛作用・抗ガン作用・食欲増進作用などの効果のある大麻を医療に活用した大麻です。

先ほども紹介した大麻に含まれるCBDは、あのWHO(世界保健機構)もその安全性を認めています!

大麻:日本では違法

日本では、第二次世界大戦後の1946年に制定された「大麻取締役法」により、一部の研究目的での以外は、日本国内での生産・流通・所持などが禁止されています。

ただし、大麻の茎や種子は合法です。主に麻の茎や種からとれるCBD製品は日本でも流通可能です。

最近では、不眠症や慢性痛などに効果があるとされ、注目されています。

大麻合法化の流れ

ウルグアイが2013年に世界で初めて嗜好用大麻を合法化。カナダでは、2018年10月に先進国としては初めて嗜好用大麻を合法化しています。

アメリカでは、ワシントン州やコロラド州など、9つの州で嗜好用大麻が合法です。

医療用大麻に至っては、アメリカでは計33州が合法。2017年にドイツ、2018年にイギリス、2018年に韓国、2019年にはタイが東南アジアの国で初めて合法化しています。

大麻に関する正しい知識を!

大麻の基本的な情報や最近の世界的な流れについてサクッと説明してきました。大麻は、ただ吸ってハイになるものばかりではなく、気分を落ち着かせてくれる効果もあるんです。

日本では戦後にできた法律に縛られており、大麻の所持や生産は違法。一方で、大麻の様々なメリットがわかってきたことで、合法化に踏み切る国も増えています。

「じゃあなんで日本では大麻を厳しく取り締まっているの?」「大麻の使用は具体的にどんなメリットがあるの?」「大麻を合法化した国の治安はどう?」など、疑問がわんさか湧いてくると思います。

全部書くと長くなってしまうので、また別記事で解説する予定です。ちなみに、僕は大麻の専門家ではありません。

当記事は、ただ本やWeb記事で得た大麻に関する知見をまとめただけです。もし間違っている箇所を見つけた場合、コメントやツイッターのDMでご指摘いただけると嬉しいです。

みんなで大麻に関する正しい知識をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。