【新卒フリーランスってどうよ?】 新卒フリーランス1年間の感想

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよー(@Ryohei_Chaiyo)です。

僕は昨年の3月に大学を卒業し、その後は就職することなく、「新卒フリーランス」として活動してきました。主にWebライティングの仕事を請け負っています。

新卒フリーランスになってはや1年。新卒フリーランスとして1年過ごした感想をつらつら書いてみようと思います。

新卒フリーランスはサイコー!

僕は時間や場所を縛られることが嫌いな性格です。時間や場所に縛られない新卒フリーランスは僕にとってベストな選択。1年経ったいまでも、その想いは変わりません。

僕の場合は、主にWebライティングを請け負っているので、期限さえ守ればいつでもどこでも仕事ができます。

好きな時間に起きて、好きな時間に仕事して、他の時間は読書や旅など自分の好きなことができる…。サイコーとしか言いようがありません。

昨年は、2ヶ月間おばあちゃんと2人で田舎暮らしをしたり、5ヶ月間海外を転々(ノマド)としたりと、各地を転々としながら仕事をしました。

フリーランスは、急な友達からの誘いにも応じることができます。学生時代の友人とのミャンマー集合、地元の友人との飲み会、イベント参加など、フリーランスであるが故に家族や友人との大切な時間が増えた気がします。

ただし、収入は不安定

フリーランスは、会社員と比べ、収入が不安定です。特に新卒社員の場合、最初は社員研修があり、研修期間も毎月の安定した給料がもらえるでしょう。

学びながらお金がもらえるって素晴らしい!笑 フリーランスは、全てが自分次第。自分が稼働しない限り、収入は増えません。

中でも経験の浅い僕のような新卒フリーランスは、収入が不安定。

とはいえ、フリーランスの方が時間はあります。多くの人々は「お金」を基準に考えるのかもしれませんが、僕の場合は「時間」が全て

時間を基準にすると、会社員の方が「不安定でリスクが高い」といえます。スマホ1台で仕事ができる時代に、1日8時間もの時間を拘束されるのは僕にとってリスクでしかありません。

何をリスクと捉えるかは、その人次第ですが。

新卒フリーランス、おすすめしない

僕にとって、新卒フリーランスとしての1年はサイコーでした。今後も、フリーランスとして様々な仕事を手掛けていきます。Wenライティングやブログに加え、Youtubeやオンライン教師、ツアープロデュースなどなど。

僕は好奇心旺盛でやりたいことがたくさんあり、時間や場所を縛られたくない性格です。何事にもある程度の自由度を求めます。

収入が不安定な状況も楽しいですし、自分なりに模索する日々は何事にも変えがたい価値を実感しています。ワクワクが止まりません。(たぶんアホ。笑)

しかし、一般的に僕のような性格は、少数派のようです。だまっていれば、どこかしらの企業に就職できます。いきなり新卒フリーランスになるのではなく、企業に勤めつつ、副業をするのが無難でしょう。おすすめはしません。

まずは自分のビジネスを

新卒フリーランスは、おすすめしませんが、小さなビジネスを始めることはおすすめです。

僕は学生時代から、バイト以外で稼ぐことを意識していました。そのため、感覚的にフリーランスとしてやっていける自信が付いています。

いまの時代、スマホアプリやサービスを活用すれば、自分で簡単にビジネスをはじめられます。
大きなことをする必要はありません。多額の初期投資も不要。

例えば、メルカリでモノを売るのも立派なビジネスです。(学生時代、タイの市場で200円ちょっとで買ったタイパンツをメルカリで1500円で売れました。笑)

ちなみに、0円で小さくビジネスを始める方法は、この本が参考になります。↓豊富な実例で実践的な内容です。

ビジネスの戦略や広報、売り上げアップ術を学びタイ方はこちらの本もセットで読むことをおすすめします。

フリーランスは、働き方であり、生き方

僕は新卒フリーランスという選択に満足し、フリーランス生活を楽しんでいます。「自分の時間を楽しむ」という生き方を選んだからです。

あなたにとって何が大切ですか?そもそも働く必要はありますか?どんな生き方をしたいですかー?

それぞれがベストな生き方を選ベる時代。自分に合ったハッピーな生き方を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。