人はなぜ相談するのか

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

就活中、多くの企業の人事さんと話す中で、最後にこんなことを聞かれていました。

「何か就活で困ってることある?」
「なんか悩みある?」といった質問です。

正直、悩みが全くないので、毎回「特にないです。」と答えてました。

そこで、ふと僕の人生を振り返ってみると、これまでも人に相談をしたことが人生で一回もありませんでした。

進路にしても、恋愛にしても、自分の親にも、友人にも。相談はせず、基本的に、何か決断をした後の事後報告のみです笑

なぜなら、全部自分の中で答えが出ちゃうから。

だって、自分のことを一番知っているのは自分だし、決断するのは最終的には自分じゃん。基本的に全て自己完結しちゃってます。

ちゃいよーは人に相談しない人間なのですが、人生相談や恋愛相談など、相談を受けることはよくあります。(以外にね‥笑)

じゃあ、なぜ人は相談するのか。考えてみました。

重い内容から軽い内容まで様々な相談を受けてきましたが、一番軽い相談の一つをあげるとすれば

「どっちの服がいいー?」というのがあります。

聞かれた側が片方選ぶと‥「えー、そっちなの?こっちの方がよくない?(選ばれてない方)」といった反応が返ってきて

いや、聞くなよwwww

って聞かれた側は思うじゃないですか。

基本的に、相談する人って聞く前からすでに自分の中で答えが出てるんです。

じゃあ、彼らが相談する目的って一体なんなのか‥

後押し。

相談っていうのは自分の中で答えは出てるんだけど、その答えが正しいのか不安だったり、決断することに勇気がもてなかったりする。だから、その人の意見に対する後押しをする作業だと思ってます。

もし、悩みがある人はちゃいよーまで。あなたの背中、この私が押して差し上げましょう💪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスWebライター・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、そのままフリーに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅・読書・映画な日常。ほぼニート