タイの性別は〇〇種類ある!?タイの性別が複雑すぎる件

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよー(@Ryohei_Chaiyo)です。

タイにはなんと…

 

 

 

18種類の性がある。

まとめると以下のようになっている。
①男性(女性が好き)
②女性(男性が好き)
③トム(男装をした女性で、女性もしくはディーが好き)
④ディー(男性っぽい女性やトムが好きな女性)
⑤トムゲイ(女性、トム、ディーのすべてが好きな女性)
⑥トムゲイライ(トムが好きな男っぽいトム)
⑦バイ(バイセクシュアル、トム、レズビアン、男性を好きな女性)
⑧ボート(女性、ゲイキング、ゲイクイーンのどれとも付き合うことが出来る男性(おかまは含まず))
⑨ゲイクイーン(男性が好きな女らしいゲイ)
⑩ゲイキング(男性が好きな男らしいゲイ)
⑪トムゲイツーウェイ(トムゲイキングとクウィーンのどちらにでもなりうるトム)
⑫トムゲイクイーン(トムが好きな女性っぽいトム)
⑬レズビアン(女性が好きな女性)
⑭おかま(女性になりたい男)
⑮アダム(トムを好きな男性)
⑯アンジー(トムが好きなおかま)
⑰チェリー(ゲイとおかまが好きな女性)
⑱サムヤーン(レズビアン、トム、女性と付き合えてどれにでもなれる女性)

よくわからない…笑

ニューハーフやゲイのイメージが強いタイだが、まさかこんなにあるとは…

③のトムの定義を理解しないとその後が理解できないシステムになっております。笑
僕自身も正直全部の18種類の定義について理解できてない…これタイ人は全部把握しているのだろうか… これをみたかんじトムが人気っぽいね(笑)タイ人の友達によると、最近はゲイが人気らしい。

僕の周りのタイ人の女性は女性(トム)と付き合っています。この事実を知った時、僕は非常に驚きました。でも彼女らにとってはいたって普通のことです。そもそも、男性に「彼女いる?」女性に「彼氏いる?」という質問はすでに偏見が含まれているのだ。

 

男性が女性と、女性が男性と付き合うって付き合うってだれがきめつけたんだ。

 

 

 

偏見という眼鏡を外さなければならない。

 

正直、日本でずっと生きてきた僕にとっては、衝撃でした。

 

 

 

男と女しかみえていなかった僕の頭の中の世界は非常に狭い世界だった。

 

ここ数年でLGBTという言葉が浸透し、性的マイノリティーに対するう理解が深まりつつある世の中になろうとしているのはここ数年のことであり、それまでは僕LGBTなどのセクシャルマイノリティーへの理解はおろか、そういった方々と知り合う機会もなかった。たぶん自分の周りにもいると思う。しかし、僕は知らない。

ちなみに…日本の人口の7.6%はLGBTだそうだ。これは左利きと同じくらいの割合だ。(僕も左利き)
いままでの人生の中で左利きの人にはたくさんあってきたのに対して、LGBTの方に出会ったことは皆無である。日本でのLGBTのようなセクシャル・マイノリティーに対する閉鎖的な風潮が彼ら自身の性に正直に生きれなくさせているのだろう。

日本でも、一人一人が自分自身の性に対して正直に生きられる社会になってほしいと願うばかりである(終)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。