瞑想とは?効果や正しいやり方・コツを解説!

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

みなさん瞑想していますかー?僕は毎日メイソウ(瞑想・迷走)の日々です。瞑想ってスピリチュアルなものだと思っていません?

全然違いますよ。瞑想の効果は科学的に裏付けられています。瞑想は効果バツグン!

そもそも瞑想とは何か?知っていますか?

瞑想とは、「自らの心の状態を見つめ直すこと」です。瞑想=「目をつぶって無心になる」イメージをもっている方もいるでしょう。瞑想のひとつの形ではありますが、あれが全てではありません!

今回は、瞑想歴3年のちゃいよーが瞑想の効果から正しいやり方まで解説します。

瞑想の効果

瞑想の効果は以下の通り

・自分を客観視できるようになる
・共感性が高まる
・認知能力、記録力アップ
・優しくなる
・自制心が高まる
・穏やかな顔つきになる
・判断力アップ
・幸福度アップ
・ストレス解消

瞑想にはこれだけの効果がわかっています。瞑想は、「副作用のない薬みたいなもの」です。(【科学的根拠あり】瞑想する5つのメリット)これだけの効果が実証されていながら、瞑想しない選択肢があるでしょうか。笑

瞑想の正しいやり方

瞑想は難しいものではありません。誰でも手軽にはじめられます。それでは、正しい瞑想のやり方を紹介します。ポイントは3つだけ。

・リラックスした姿勢
・鼻呼吸
・いまに集中

それぞれ詳しく解説していきます。

リラックスした姿勢

リラックスできる姿勢であれば正座でもあぐらでも構いません。座った状態で呼吸しづらい方は、椅子に座って瞑想するのもオーケー。

リラックスした姿勢で全身の力を抜きましょう。目は閉じても閉じなくても大丈夫です。

鼻呼吸

鼻から息を吸い、鼻から息をはきます。鼻呼吸は瞑想の基本。ゆっくり鼻呼吸しましょう。

いまに集中

いまに集中してください。まさに自分の頭の中に浮かぶイメージを受け入れます。無心になろうとする必要はありません。

呼吸の感覚に意識を研ぎ澄ませてください。お腹やのどの感覚、どうなっていますか?

瞑想の正しいやり方をまとめると、「リラックスした姿勢でゆっくり鼻呼吸し、いまに集中する」だけです。まずは1分からでもはじめてみましょう。

先ほど紹介した瞑想の効果を体感できるのは、20分前後です。僕自身、寝る前に毎日20分の瞑想をしています。

余談ですが、世界的に有名な歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ氏は、毎日2時間の瞑想をしているとか。

瞑想を習慣化しよう

起床後や寝る前に瞑想する習慣を身につけましょう。習慣化のテクニックについては、別記事で紹介しているので、興味のある方は読んでくださいね。(【習慣は人をつくる】習慣化テクニック5選

それでは、良い瞑想ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。ライター業を営みながら、海外を転々としている、ノマドワーカーってやつ。いまはインドネシア(5ヶ国目) に滞在中〜。趣味は、旅・読書・語学・映画鑑賞・筋トレ・心理学などなど。