【サウナの効果を高める】サウナの正しい入り方を紹介

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよー(@Ryohei_Chaiyo)です。

僕はサウナにハマっています。地元の友人とサウナ、友達とサウナ、父親とサウナ…とにかくサウナ!イチ、ニ、サウナー!

サウナはサイコーですよ。実際、様々な健康メリットがわかっています。。(【仕事疲れや筋トレに効く!】サウナの効果5選)何よりもサウナ後の何ともいえない爽快感がたまりません。

ただし、正しい入り方をしなければ、サウナの効果は味わえません。場合によっては逆効果になることも。

それでは、サウナの効果を高める正しいサウナの入り方について紹介します。正しくサウナに入り、「ととのい」ましょ!

サウナ前の食事はNG

食後は食べ物を消化しようと血液が胃に集中します。一方でサウナは全身に血がいきわたるため、血液が分散し、健康上よくありません。

食後は1〜2時間あけてからサウナに入りましょう。ただし、水分補給はしっかり行ってください。

体を洗い、いざサウナ室へ!

サウナ室→水風呂→休憩がセット

サウナで多くの人々が勘違いしているのはサウナ室=サウナということ。サウナ室はサウナのイチ要素にすぎません。

サウナ室→水風呂→外気浴のセットで正しい「サウナ」となります。滞在時間の目安としては、サウナ室が10分前後、水風呂が1〜2分、ベンチでの休憩が10分〜12分程度です。

サウナや水風呂の温度や体調によって柔軟に時間配分を変えましょう。

水風呂の前にかけ湯

かけ湯で汗を流してから水風呂に入るのがマナーです。水風呂には、手足から入ってください。

いきなり水風呂に浸かるのは心臓に大きな負担がかかります。無理しない程度に浸かりましょう。

3セット前後

サウナ室→水風呂・休憩のサイクルを何回か繰り返します。目安は3セット。

僕の場合、1セット20分程度で3セットで1時間が基本です。自分の体に合わせて、心地よい時間配分を模索してください。僕も日々研究中!

正しくサウナに入り、サウナの効果を体験しよう!

正しくサウナに入り、サウナの効果を体感しましょう。サウナには、運動やセックスとは違った「快楽」があります。

もちろん、サウナには様々な効果が明らかになっています。仕事や勉強疲れにサウナが効果的!ぜひ日常にサ活を取り入れてみましょー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。ライター業を営みながら、海外を転々としている、ノマドワーカーってやつ。いまはインドネシア(5ヶ国目) に滞在中〜。趣味は、旅・読書・語学・映画鑑賞・筋トレ・心理学などなど。