在宅勤務・テレワークでモチベーションを維持する5つの秘訣

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

昨今、コロナウイルスの拡大に伴い、外出自粛中。普段はオフィス通いの会社員もテレワークで在宅勤務となっている方も多いでしょう。

会社員の僕の友人も半数以上がテレワークで働いているそうです。便利な反面、テレワークでは「モチベーションを保つのが難しい」との声をききます。

そこで今回は、普段からテレワークのちゃいよーがテレワークでモチベーションを保つための5つの秘訣を紹介します。

座りすぎない

テレワークでは、ついつい座りすぎる人も多いでしょう。座りすぎは禁物。長時間の座ると、モチベーションが下がるどころか、様々な病気のリスクが高まることがわかっています。

適度に立ったり、スタンディングデスクを導入するなりして、座りすぎないようにしてください。僕自身、お手製のスタンディングデスクで立って作業することもしばしば。

正しく休む

正しく休めていますか?休憩中にスマホをいじってしまうと、脳は休まりません。瞑想や昼寝、軽い運動などをして、正しく休みましょう。

まとまった休憩時間がとれない方は、深呼吸だけでも十分効果はあります。

科学的根拠のある正しい休み方については、別の記事で詳しく紹介しています。興味のある方はぜひ読んでみてください。(【仕事疲れに効く】正しい休み方5選

マルチタスクをしない

マルチタスクとは、同時に2つ以上の物事を行うこと。Youtubeをみながら、仕事をしていませんか?

人間は、マルチタスクができない生き物です。マルチタスクを行うと、1つ1つの作業効率が下がることに加え、精度も下がってしまいます。

マルチタスクのデメリットは別記事で紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。(【いますぐやめよう】マルチタスクは非効率!デメリット5選

1つ1つの仕事に一点集中しましょう。マルチタスクは諸悪の根源です!(自戒)

運動をする

体を動かすことで、血行が良くなり、脳に血が巡るようになります。結果として、運動はモチベーション維持に繋がります。

しかし、テレワークでは、移動を必要としない分、運動不足になりがちです。適度な運動を心がけましょう。

個人的には筋トレがおすすめです。筋トレは心身ともに効果バツグン。(【科学的根拠あり】筋トレするメリット5選)まずは腹筋・腕立て伏せ一回からお試しあれ!

オンライン上の交流

テレワークで孤独を感じる方もいるでしょう。孤独は最大のモチベーションにおいて最大の毒。

モチベーション維持には仲間の存在感が欠かせません。チャットだけではなく、ビデオ通話をするなど、仲間との交流を設定しましょう。

僕自身、最近はオンライン飲み会を頻繁にしています。(【外出自粛】家で楽しめる!オンライン飲み会のメリット3選

自分なりの工夫でモチベーション維持を

在宅勤務は、全てが自分次第。自分なりに工夫してモチベーションを維持するのは、簡単ではありません。

僕自身、リモートワークを始めた当初はモチベーション維持に苦戦していました。とはいえ、慣れてくればこっちのもの。作業効率を極限まで上げることができます。

自分に合ったスタイルを確立し、テレワークでモチベーションを維持しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。