【科学的根拠あり】リモートワークのメリット3選

イラカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

アメリカの大手調査会社ギャラップの世論調査によると、アメリカの労働者の43%が労働時間の一部はリモートワークで働いており、その3分の1は週4以上リモートで働いていることがわかりました。

僕もいまはマレーシアにいながらリモートワークで日本のクライアントから仕事を請け負っていますが、こうしたリモートワーカーは今後も増えていくことでしょう。

リモートワークを採用する企業が増えてきましたが、実際リモートワークにはどんなメリットがあるのでしょうか?

リモートワークのメリットについて、僕が語るのもいいですが、こんなへっぽこフリーランスの話なんて誰も興味ないと思います。

なので、リモートワークについて調べた海外の研究を参考に、科学的に証明されたリモートワークのメリットを紹介します。

生産性アップ

スタンフォード大学が行った研究によると、リモートワークをしている従業員はそうでない従業員に比べて、生産性が高いことがわかりました。

同実験では、中国最大の旅行代理店であるCtripの従業員500名を在宅でのリモートワークをするグループといままで通りオフィスで働くグループの2つに分けました。

2年間研究した結果、リモートワークをした従業員らは、生産性が上がったことをはじめ、離職率の低下、病欠の減少などの効果がみられたそうです。

コスト削減

TECLAの統計によると、リモートワーカーは年間7,000ドル節約できるといいます。通勤する必要がなくなるため、通勤にかかるコストがまるっと削減可能です。

もちろん、企業側もコスト削減となります。2018年のアメリカでは、リモートワーカーを抱える米国企業で推定50億ドルものコスト削減がありました。特にオフィス代がコスト削減できます。

ストレス低下

OWLLabの統計(2019年)によると、少なくとも月に1回在宅でリモートワークをしている労働者の24%がより幸せで生産的だと感じていることがわかりました。

他の調査や研究においても、リモートワークによるストレスの低下や幸福度の上昇が示唆されています。

もちろんデメリットも

リモートワークは、労働市場における新たな流れなので、まだまだ研究は始まったばかりです。今回は、3つに絞って紹介しましたが、他にもメリットはあるでしょう。

とはいえ、リモートワークが一概に良いとはいえません。リモートワークには、孤独を感じやすいという問題点があります。

コーネル大学の調査によると、47%のリモートワーカーが孤独を感じていることがわかっています。実際、僕も孤族を感じる時があります。

リモートワークの良い側面と悪い側面を考慮した上で、自分に合った働き方を見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。