【科学的に正しい】生産性の高め方5選

イラカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

皆さん〜仕事はははかどっていますか〜?
せっかく仕事するなら効率をあげたいですよね?

生産性をあげて、仕事をササッと終わらせましょう!僕も実践している科学的根拠のある生産性の高め方5選を紹介します。

それじゃ、早速いっちゃいよー

マルチタスクをやめる

マルチタスクは同時に2つ以上のことをやることです。例えば、食事をしながらテレビをみる、youtubeをみながらSNSの返信をするなどです。

ある研究では、マルチタスクは通常の30%以上の時間がかかり、ミスの確率も2倍になるといいます。一度にひとつつのことに集中しましょう。

例えば、この記事を読んでいるいまこの瞬間に他に何かしてませんか?まさにマルチタスクになってますよ!

こまめな休憩

最適でも1時間半に1回は休憩をとりましょう。こまめな休憩は集中力を上げるだけでなく、気分がよくなることがいくつかの研究でわかっています。

こまめに休憩をとりましょう。ちなみに、スマホをいじるのは休憩になりません。逆に脳がつかれてしまいます。軽く体を動かしたり、瞑想したりしましょう。

昼寝をする

昼寝は脳が休まり、集中力アップやストレス低下の効果があることがわかっています。ハーバード大学の研究では、昼寝をしたことで疲労によるパフォーマンス低下が防げました。

また、ミシガン大学の研究によると、昼寝によってストレス耐性が高まり、難しいタスクをやり抜く効果が高まることが示唆されています。

昼寝の時間は諸説ありますが、一般的には10分〜20分程度が良いとされています。一方で30分以上の昼寝は夜の睡眠の質を下げる可能性があるので、寝すぎには注意です。

僕も毎日昼寝していますよ!

立って仕事をする

あるコールセンターでスタンディングを使ったとグループそうでないグループに分けて6ヶ月間調査したところ、スタンディングデスクを使ったグループはそうでないグループよりも46%生産性が高いことがわかりました。

また、長時間立っていなくても効果はあることがわかっています。最近は、スタンディングデスクを導入する企業が増えてきましたが、科学的根拠があったんですね。

スタンディングデスクをわざわざ買う必要はありません。いま使っているデスクに本を積み上げたりして、自分なりのスタンディングデスクを自作しちゃえばいいんです。

僕自身、そうやって立ちながら仕事をしています。笑

植物をおく

カーディフ大学の研究によると、植物は生産性を15%高めることが示唆されています。植物のあるオフィスで働いている従業員は精神的にも身体的にも良好なことがわかっています。
観葉植物は1000円以下で購入可能なので、メンタルや仕事への生産性を考えると、コスパの良い買い物といえるでしょう。

観葉植物は自然によるリラックス効果をはじめ、室内の湿度を保つ効果や空気清浄効果もありますよ。

生産性をあげてもっと楽しいことをしよう!

生産性が高まると、仕事や勉強がいままで以上に捗り、自分の時間がさらに増えます。その分、より人生を楽しめるでしょう。

生産性を高めることで、楽しい時間が増えます。僕自身、楽しいことをできるだけたくさんしたいので、生産性を高める方法を日々模索中です。

皆さんも、生産性をあげて、楽しい時間を増やしましょう!

仕事術のおすすめ本は以下です。⬇︎科学的根拠満載の仕事術本です!ちょっとした生産性アップ術からコミュニケーション術まで網羅しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。ライター業を営みながら、海外を転々としている、ノマドワーカーってやつ。いまはインドネシア(5ヶ国目) に滞在中〜。趣味は、旅・読書・語学・映画鑑賞・筋トレ・心理学などなど。