【タイ・サウナ】バンコクで超ローカルなハーブサウナに行ってきた

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

現在はバンコクに滞在中〜。

「そうだ、サウナ行こー」

急にサウナの気分になり、サウナへ向かう。調べたところ、サウナはここ(オンヌットエリア)から車で約20分のところにある寺院の中にあるようだ。

ソンテウに(乗り合いタクシー)からのちょいと歩いて到着〜

料金は40バーツ(140円)

地元のおじさんたちが集まってた。もちろん外国人は俺だけ‥。おじさん達からカタコトの英語とタイ語で質問ぜめ。

「なに人?日本人?中国人?』
「どこ出身なの?」

俺もなんとか片言のタイ語で返答。北海道出身であることと、サウナはサイコーだってことと、タイ語が少し話せることが伝わった。

何をいってるのかよくわからなかったけど、
必殺スマイルをおみまいし続け、和やかな雰囲気に。

アリやヤモリがいて、衛生面が気になったけど、サウナ自体は思ったよりもちゃんとしてたかな。

薬草ハーブサウナで、ハーブの心地よい香りが室内にひろがっていたね。水風呂はなく、サウナの横に水がめがあり、水がめから桶で水をパシャパシャとかけて汗を流すスタイル。

サウナ後には、ハーブティーも飲めるよ。帰りもソンテウでオンヌット駅周辺まで。

行きは8バーツ(約24円)だったけど、帰りはなぜか9バーツ(約27円)。この世のミステリーである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスWebライター・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、そのままフリーに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅・読書・映画な日常。ほぼニート