【瀬戸内海・サウナ】世界一広い水風呂!?江戸風呂に行ってきた。

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

今回は瀬戸内海の離島・仙酔島にあるユニークなサウナに行ってきました。仙酔島は広島県福山市鞆の浦から船で5分の場所にある島です。

鞆の浦の駐車場に停め、フェリーで島に向かいます。海賊船のようなフェリー(往復:270円)に乗り、いざ上陸。

歩くこと2分、人生感の変わる宿「ここから」に到着。江戸風呂はこの旅館の敷地内にあります。なんだかスピリチュアルな雰囲気…。

料金は1,890円・ポロシャツ・短パン・タオル等の貸し出しがあるため、手ぶらでOK。案内にそって、ととのっていきます。着替える前にしょうが湯を一杯。発汗を促す効果があるとのこと。

着替えを済ませ、いざサウナへ

江戸風呂では、3種類の洞窟風呂(サウナ)と2種類の露天風呂があります。

まずは1つ目の洞窟風呂。

中へ入ると、鼻腔をくるぐる香ばしい香りが。洞窟内は静かで、しっとり温かい。目を閉じ、空間に身を委ねてみる。10分〜15分ほどたっただろうか、身体中にしたたる汗。

サウナの後は目の前の海へ直行。これぞ世界一広い水風呂。おだやかな波と心地よい冷たさが火照った体をいやしてくれます。

続いて露天風呂へ

露天風呂はかなりナチュラル。虫や草木も温泉に浸っています。好みが分かれるかもしれません‥。その後も2つ目、3つ目のサウナ、露天風呂に入り、僕らはととのったのだった。

洞窟の静けさと暗闇、そして温かさ。海や露天風呂の開放感により、失った時間感覚。気付けば2時間経過していた。(所要時間は最短90分以上)

まとめ

サウナから海に直行できる施設は珍しく、圧倒的な解放感が醍醐味。サウナはスモーキーな香りとじっくり入れる低温さで、ゆったり楽しめる空間でした。

総じて、非常にナチュラルな施設です。人によっては衛生面が気になるかもしれません。同行した僕の友人も風呂にたまる草木に対し、不満を漏らしていました。ちなみに、露天風呂に浸かっている時、遠くで野生の狸が3匹歩いていました。

海は温泉・サウナ利用者専用の海ではありません。途中、学生集団がワイワイ遊んでいました。

最後になりますが、仙酔島・施設全体はスピリチュアル色が強め。思想や商品・サービスを押し付けてくる訳ではありませんが、一人で訪れるには勇気がいるかもしれません…。

都会の喧騒から逃れ、洞窟や海で心身ともにデトックスしたい方におすすめのサウナ!

公式サイト→江戸風呂 焚き上げ洞窟蒸し風呂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスWebライター・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、そのままフリーに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅・読書・映画な日常。ほぼニート