【2020年】行ってよかった場所10選

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。2020年はコロナ禍で自由度は低かったものの、ドライブでの秘境巡りを中心に、旅を続けていました。

カレンダーを見返してみると、夏頃は1ヶ月の半分以上旅をしていたようです。2020年最後のブログは、今年行った数ある場所の中から特に行ってよかった場所10選を紹介します。

それでは、さっそくいっちゃいよー。

神の子池


北海道・道東にある小さな池。地元の後輩と札幌から車で日帰りドライプ旅で訪れました。日本あちこち行ってきたけど、ダントツで最も美しい秘境だと思います。

まさに「神秘的」という言葉が似合う風景。池の音とか森の香りとか含め、景色を観るよりも「景色を感じる」といった表現の方が正しいかもしれません。

札幌から1日で往復約700キロの旅でしたが、行ってよかった…心からそう思える場所でした。

ニューヨーク


2020年のスタートは、地元の同級生2人とニューヨークで過ごしました。2週間の滞在で思ったのは、ニューヨークの魅力は「アートと人」だということ。

街の至るところにあるウォールアートと行き交うユニークな人々がニューヨークを形成している気がしました。

主要な観光地はひと通り巡りましたが、「あそこが特別良かった」というより、街から感じる雑然とした感じが心地よかったです。

この時はまさか中国発生したウイルスが世界中で猛威を振るうとは、アメリカ全土で暴動が起きるとは予想だにしませんでした…。

苔の回廊

北海道・支笏湖近くにある苔の回廊

樽前斬の噴火によって流れ出た溶岩が固まり、長い年月をかけて侵食された結果、現在の姿になったそうです。

ここに辿り着くまでに、獣道を15分ほど歩きました。熊が出没することもあるらしく、地元の同級生とビビりながら、なんとか苔だらけの世界に。

苔はフサフサしていて、数年前に出会ったアフロのイタリア人を思い出しました。

The Sauna


長野県・野尻湖近くにある山小屋サウナ「The Sauna」

本場フィンランドのサウナを彷彿とさせる薄暗いサウナ室に川の水を引いた水風呂、そして大自然に囲まれベンチ休憩。

週2・3ペースでサウナに通うサウナーの僕にとって、たまらないサウナでした。一緒にサウナった友人たちもご満悦の表情。リピート必至です!

旭岳

北海道で最も高い山「旭岳」

9月中旬に訪れましたが、山頂付近はガッツリ雪。ロープウェーで山頂付近まで登ると、1時間弱の散歩コースがいくつかあり、極上の散歩を堪能しました。

雪と紅葉のグラデーションが魅力的。それに、ロープウェーから見える紅葉がこれまた絶景でした。

オサル湯

北海道・登別にある秘湯「オサル湯」

道路を降りてすぐの場所にあって、秘湯にしてはアクセスが良い方でした。湯加減もバッチリ。

自分たち以外誰もいなかったので、裸で川と温泉の交代浴をしました。気持ちぃ〜

定山渓(紅葉)

北海道・定山渓

「道民」なら誰もが知る温泉街、定山渓。幼少期から何度も訪れてきましたが、やっぱり定山渓は飽きません。

中でも、紅葉シーズンの定山渓が一番好きです。紅葉を観た後はもちろん温泉でリラックスタイム。100kg超えの友人の後ろ姿は、もはやカバでした…。

インドネシア・BSD

ニューヨークの後に約1ヶ月滞在していたのがインドネシア・BSD地区。ジャカルタから車で約1時間程度の場所にあります。

ここBSDは「インドネシアのシリコンバレー」を目指し、国をあげて開発を進めているエリアだとか。

コワーキングスペースやスタートアップ向けのオフィスが建設されていました。数年後にどうなっているのか楽しみ!

ちなみに、滞在中に「新型コロナウイルスがやばい!」と世界中で話題となり、急きょ帰国することに。この後バリ島に行く予定でしたが…。

ニセコ(ラフティング)


北海道・ニセコ町

ニセコで人生初ラフティング。青空の下、幼少期に戻ったかのように、思いっきりはしゃいじゃいました。

キリッと冷えた川の水が気持ち良かった〜。インストラクターによると、ニセコのラフティングは、山からの雪解け水が流れる春先が一番「激流コース」なんだとか。

ちなみに、ゴムボートでの川下りを「ラフティング」、身ひとつでの川下りを「キャニオリング」と言います。

オンネトー

北海道・摩周湖国立公園内にあり、アイヌ語で「大きな沼」を意味するオンネトー

沼と奥にそびえ立つ山々のコントラストが良き。散策路もありますが、いまにも熊が出そうな獣道だったこともあり、家族ストップが入りました。笑

近くの阿寒湖と違って、あまり観光地化されていませんでした。自然な形でこの景色を堪能できるのは、今のうちかと思います。

【番外編】ノースサファリサッポロ(虎の餌やり)

札幌郊外にある体験型動物園「ノースサファリサッポロ」で虎に餌やりを体験しました。期間限定で実施中とのこと。

この虎は犬と一緒の檻で生活していたこともあり、自分を犬だと思っているのだそうです。なんと、飼育員の指示で「お手」もできちゃいます。

「心は犬」だとしても、やっぱり虎は虎。いざ目の前にすると迫力がありました。激レア体験、いただきました。

2020年、どこに行きましたか?

2020年もなんだかんだで、たくさん旅しました。みなさんは2020年どこに行きましたか?行ってよかった場所はどこですかー?

あ、2020年よかったシリーズ、他の記事もぜひ読んでくださいね。
【クセ強め?】2020年買ってよかったもの10選
【100冊以上読んだ本から厳選】2020年読んでよかった本10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスWebライター・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、そのままフリーに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅・読書・映画な日常。ほぼニート