【ちゃいよーが目指す生き方】「好きなことで生きていく」についての考察

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

僕は、文章を書くことが昔から好きだったので、フリーランスのライターとして活動していくことに決めました。

いわゆる、「好きなことで生きていく」ってやつですね。

「好きなことで生きていく」…単純そうで、実現が難しい。

この一文を分解すると、「好きなこと」と「生きていく」の2つの要素から成り立っています。
そもそも「好きなこと」って何でしょう。

僕は文章を書く以外にも好きなことがたくさんあります。

スポーツ観戦、読書、カラオケ、旅行など‥。
それに、「文章を書くことが好き」と最初に書きましたが、文章といってもさまざまな種類がありますよね。

小説、日記、論文とか…。

僕は文章を書く中でも、小説や日記を書くことは好きだけど、論文を書くことは好きじゃないです。
「文章を書くのが好き」を掘り下げていくと、「(小説や日記のような)文章を書くことが好き」と成ります。

先ほどは「文章を書くこと」から掘り下げましたが、今度は「文章を書くこと」よりもさらに視点を広げて考えてみようと思います。
さらに「文章を書くこと」から抽象度を下げてみると、今度は別の「好きなこと」が出てきました。

・自分の意見や考えを発信すること
・人に何か教えること(高校時代は教師を目指していた)
・人を笑わせること(ネタ記事など)
・思考を整理すること(書くこと=思考の整理)

これらもまた、いまのところ僕の「好きなこと」です。

「いまのところ」と、あえて付けたのは、好きって環境やタイミングによって変わるものだからです。

恋愛で例えるとわかりやすいでしょう。その時はどうしようもなく好きな人けど、時が経つと全然好きじゃなくなってる。そんな恋したことありませんでした?笑

「好きなことで生きていく」には、変わりゆく自分の「好き」を見極める必要があるでしょう。
好きなことを知ることが最初のステップです。

仮に好きなことを知り、好きなことで生きていこう!と決め、行動し始めたとします。
しかし、そこでジレンマが生じます。「好きなこと」とはいっても、好きなことだけでは生きていけないということ。

ライターとして文章を書くこと自体は好きだし、楽しいです。しかし、クライアントとのやり取りや請求書の作成など好きなことをするための「好きなこと以外」の作業が入ってしまいます。金銭的に余裕が出てきて、外注することで多少なり省けることだとは思いますが…

「好きなことで、生きていく」を実現するには、自分の「好き」がどれだけ集まっていて、どれだけ自分に「好きじゃない」を排除することができるかが、キーとなってくると思います。

「好きなことで、生きていく。」を僕は実現します。

欲を言えば、

「好きな人と、好きな場所で、好きなことで、生きていく」

僕の人生における最終目標です。
実現するためにも、自分の「好き」について問いかけ続けたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。