【ちゃいよーが考えてみた】自由ってなんだろう。

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

自由って何だろう。

僕は自由を求めている。人類は自由を求めて生きた。
自由を追い求め、技術が発展し、産業革命では多くの作業工程が機械にとって変わった。
そこで、自由になったかと思えば、機械の設計や操作する「技術者」が増加した。人類にまた新たな仕事が増えた。

仮に、労働時間が減ったとしよう。
労働時間の少ない人は自由なのか。

極論を言えば、労働時間ゼロ、「ニート」の人は自由なのだろうか。一日中、家でゴロゴロしてるしょうな生活。
会社に縛られることない。しかし、お金を稼ぐことができない分、欲しいものをかったり、旅行にいけない制約がある。
ニートも自由じゃないのかもしれない。

逆にお金をもった経営者はどうだろうか。
欲しいものはお金で全て買うことができる。金銭的な「自由」はあるかもしれない。
けれど、雇っている社員のために、経営にコミットしなければならない。これも自由じゃなさそうだ。

そもそも、人類って自由じゃないのかもしれない。
人類の祖先は、アフリカの一部の地域で誕生し、今となっては世界中に存在する。
確かに、世界中に人類は存在する。でも、「それ以上」でもない。

それ以上というのは、現時点では宇宙に住めないし、地球の中でも一部の陸地でしか生活できない。

「宇宙に住めないって自由じゃないと思わない?」

地球の一部の陸地で生活している人類の端くれである僕は、宇宙には住めないかもしれない。
だからといって、自由じゃないとは思わない。

ここでふと気付いた。「自由」って相対的なものなんじゃないかな。

会社員よりもノマドワーカーの方が自由っぽい。
日本にずっといる人よりも、世界を旅してる人の方が自由っぽい。
過去の学校に通っていた自分よりも、どこにも通う必要がないイマの自分の方が自由っぽい。
過去の人類よりも、現代の人類の方が自由っぽい。

過去の自分や、他人と比べることで初めて人間は「自由」を手にすることができるのだと思う。

ただ、自由は何か?との問いに、答えを見出せていない。

僕は自由になりたいけど、自由がわかっていない。

出口のないゴールに向かって進んでいる。いつかその出口を見つけ出したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。