【人生論】なにもしなくてもいい。

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよー(@Ryohei_Chaiyo)です。

「何かしないといけない…。」そんなよくわからない焦燥感にかられている人って世の中に多いんじゃないかな。

プログラミングを勉強しないといけない。英語を話せないといけない。何か1つのことに打ち込んでないといけない。学生は勉強しないといけない。大学を卒業したら働かないといけない…。

本当にそうかな?

何かしないいといけないのだろうか。頭の中にある幻想にすぎないのにさ。

別に何もしなくたっていいじゃん。何かしないといけないなんてルールはないのに。

「何もしなくていいし、生きているだけでいい。」

ここで何もしない人の代表例を紹介する。「レンタルなんもしない人」だ。

彼は特に何かをする訳でもないが、依頼が殺到しているという。

2018年6月からツイッターでレンタルしてくれる人を募り、いまではフォロワー数が25万人超え。

「何もしなくてもいい。何もしなくても求めている人はたくさんいる。」

彼の存在は当たり前のことに改めて気付かせてくれる。

「何かしなくちゃ!!」と思っているそこのあなた

何もしなくてもいいんだよ。

P.S数々のレンタルエピソードが掲載されているレンタルなんもしない人の本、おもしろいよ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。