【サスティナブルな旅】地球に優しく旅する方法5選

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

文章を書く仕事をしながら、国内外あちこち旅しています。せっかく旅するなら、「地球に優しく」旅したいものです。

環境破壊によって、今日も世界中のどこかで、旅先の美しい景色が失われつつあります。たった一人の力で、世界は変わりません。でも、できることはあるはず。

地球に優しく旅する方法5選を紹介します。他にも「こんな方法あるよ!」や「その方法は間違っている!」などの意見がありましたら、コメントやTwitterのDMで教えてくださるとありがたいです。

それでは、「地球に優しく旅する方法5選」いっちゃいよー!

エコフレンドリーな宿泊施設にとまる

1994年からエコ・フレンドリー・ホテルという言葉が使われるようになり、環境に配慮した宿泊施設が注目されるようになりました。

オーガニック食材を使った料理やゴミをリサイクルした素材で作られた内装など、エコフレンドリーな宿泊施設が世界にはたくさんあります。

宿泊施設を選ぶ基準に「エコフレンドリー」という考え方を取り入れてみましょう。

エシカルな旅グッズをそろえる

エシカルは、「倫理的な」という意味です。要は、社会や環境に配慮された消費活動をエシカル消費と呼び、旅グッズをエシカルにすることは環境に良いとされています。

先日、クラウドファンディングでトラベルシューズを購入しました。まだ届いていませんが、優れた機能性はもちろん、素材にリサイクルペットボトルや藻の原料を活用するなど環境保護に貢献できるものです。

エシカルな旅グッズについては、まだ別記事で詳しく紹介しますね。トラベルシューズのレビューもお楽しみに!

エネルギーを消費しない移動手段を使う

普通の自動車よりも電気自動車、自動車よりも自転車や徒歩の方が地球に優しいです。できるだけ「地球環境への負担が少ない」移動手段を使いましょう。

ひたすら練り歩くのも楽しいですよ。ちなみに、僕はニューヨーク旅で1日3万歩を3日連続で記録しました。笑

現地の料理を味わう

できる限り、現地の食材で作られた現地の料理を味わうのも良いでしょう。食材の産地が遠ければ遠いほど、輸送へのエネルギーが必要で、地球環境によくありません。

できるだけ「現地の味」にお金を払うことで、その地域でお金がまわり、地球に優しい循環が生まれるでしょう。

北海道一周した際は、よく道の駅などで地域の果物や野菜を堪能しました。現地の味の方が、新鮮で美味しいですよ。

エシカル・ツーリズムに参加する

ただ消費する旅とは異なり、旅を通じて観光のあり方や環境を考えるのがエシカル・ツーリズムです。

まだまだ日本では、馴染みのない言葉かもしてませんが、西表島や屋久島などでエシカルツーリズムへの取り組みが進められています。

僕自身、まだ参加できていません…。

まとめ

僕が知る限りの、地球に優しく旅する方法を紹介しました。ただ旅するよりも地球に優しく旅して、身も心もハッピーな旅にしましょう!

僕自身、まだまだ勉強中です。「旅✖️環境保護」について詳しい方、ぜひ教えてくださいね。

それでは、地球にやさしい旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。