【お笑い芸人が書いた】おすすめ本3選

お笑い芸人が書いたおすすめ本

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

僕はお笑いが好きなのですが、お笑い芸人が書いた本もよく読みます。
お笑い芸人さんが書いた本は、ユーモアと独特の感性が文章に現れていて、読み応えがありますよ。

お笑い芸人さんが書いた本の中で、麒麟の田村さんが書いたホームレス中学生や、ピーズの又吉さんが書いた芥川賞受賞作の火花は有名ですよね。もちろんおすすめですけど、ちゃいよーはそんなベタな本を紹介しませんよ!笑

特に最後に紹介する一冊は変わり種かも知れませんが、個人的にはかなーりおすすめの本ですし、著者のネタとか見たくなっちゃうと思いますよ笑

それでは、早速紹介していきます〜。


14歳

言わずと知れたお笑い界の重鎮、千原ジュニアさんが書いた本。中学生の時、引きこもっていた話や、兄のせいじさんに誘われ、お笑いの世界に入った話などが書かれています。

当時の葛藤や苦しみを等身大で描かれています。僕も中学生の時に読んだので、何か心に響くものがありました。

特に中高生にはオススメの一冊ですよ。

社会人大学人見知り学部 卒業見込

人見知りながらも、群雄割拠の芸能界をもがきながら生きていく様を書いたオードリー若林さんが書いた本。

個人的に、僕も人見知りなので、内容には、共感できる部分が多かったです。どこか哀愁漂わせる文章と、社会をナナメからみる著者独自の視点が描かれているのが、この本の醍醐味でしょう。

人見知りな人には特にオススメの一冊!

夜にはずっと深い夜を

鳥居みゆきさんが書いた短編小説集。
最近では、お茶の間で見かけることが少なくなりましたが、舞台やドラマで女優として活躍されています。

この本は、人間の欲や愛情が生々しく、人間の「怖さ」を描いています。
読めば読むほど。感情が揺さぶられ、独特の「鳥居ワールド」に引き込まれていきます。

ただ、世界観が強すぎて、ちょっとついていけなくなる時もありますが…(笑)

いままでにない、衝撃を受ける一冊だと思います。
刺激が欲しい方、ぜひ読んで下さいね。

以上!

紹介しきれませんでしたが、オリエンタルラジの中田さんが書いた本、キングコングの西野さんが書いた本も読み物として面白いですよ。あと、バカリズムの本とか…。キリがないのでここでやめておきますね笑

芸人さんが書いた本の中で、皆さんのオススメ本は何ですかー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身の新卒フリーランスWebライター・エッセイスト・ブロガー。某国際系大学卒業後、某ITベンチャ企業の内定を辞退し、フリーランスに。主にライター業を営みながら、国内外を転々としている。旅に読書に映画にサウナ、それに執筆の日々。